宇治市で注文住宅を新築する際の価格・相場・実勢価格

こんにちは
宇治市・城陽市・京田辺市を中心に注文住宅とリノベーションを手掛ける工務店
株式会社 stats living company の井上です。


前回のブログでは城陽市、前々回のブログでは京田辺市で注文住宅を新築する際の価格・相場・実勢価格をお届けしました。最後になりましたが、宇治市で注文住宅を新築する際の価格・相場・実勢価格を知りたい方がたくさんおられると思い、今回は宇治市での価格・相場・実勢価格を探っていこうと思います。

京田辺市・城陽市編でもお話しましたが、近年、注文住宅を新築する際の価格・相場が上昇しています。これから、注文住宅の新築を検討されている方は、どうしたらいいの?と思われているところに、さらに金利の上昇なども取り上げられています。土地価格も同じように上昇、まったく嫌になってしまいますね。特に、城陽市は土地価格が上昇しているとお伝えしましたね。宇治市では、どうなのでしょう?

注文住宅を新築することを、諦めてしまった方もたくさんおられると思います。家を買う?買わない?ずっと賃貸?悩みは尽きません。なので、今回のブログでは城陽市で注文住宅を新築するのに、いくらくらいかかるのか?を知っていただき、そのうえで新築住宅の購入を検討していただきたいなと思います。「あっ、いける」と思っていただけたら嬉しいです。「無理だわ、あきらめようか」という方も、ヒントになることがあるかもしれません。できれば最後までお読みいただきたいと思います。リノベに切り替えてもいいわけですから。


それでは、今回のブログテーマは

「宇治市で注文住宅を新築する際の価格・相場・実勢価格」  です。

土地価格についても参考にしていただけたらと思います。
今回は、"2階建て・延床面積25坪・3LDK 土地は25坪前後を目指す "での注文住宅を新築する際の価格・相場・実勢価格を、住宅ローンをご利用して購入するというシチュエーションでお話を進めていこうと思いますので、是非、最後までお付き合いいただけたらと思います。


5D4_1509_R80.jpg


そもそも...注文住宅を新築するのにいくらかかるのか?


まずは、注文住宅を新築する際の価格について、内訳を解説していきたいと思います。


・建物本体工事費
・付帯工事費
・諸費用
・外構工事費
・オプション工事費
・土地購入費

たくさんありますね...嫌にならないでくださいね (笑)
ホント、たくさんあるのですが、ここから分かりやすく解説していきたいと思いますので、お付き合いください。

・建物本体工事費

まずは、建物本体工事費からご説明します。読んで字のごとく、建物本体の価格です。基礎工事から外壁や屋根工事、内装工事費まで含まれています。ただ、少し気をつけていただきたいのが、キッチン・ユニットバス・トイレ・洗面化粧台などを含んでの建物本体価格としていることが、ほとんどですが、ローコストメーカーなどではキッチン・ユニットバス・トイレ・洗面化粧台の価格を含んでいない事がありますので、ご注意を。

確かに...水回り商品は建物ではないかもしれませんが、生活していくうえで絶対に必要なものですので、屁理屈だと私は思います。注文住宅を新築する際は、パッと見の建物本体価格に惑わされないよう気をつけてくださいね。それから...大事なのは価格ですよね。ザックリですが

坪70万円×25坪=1750万円程度でしょう。もちろん建設会社や住宅の性能によって価格は変動しますのでご注意ください。

・付帯工事費

こちらは少し分かりにくいかも知れませんね。付帯工事費用の中身は通常、近隣の方にご迷惑をお掛けしないよう、工事用バリケードや作業員の仮設トイレ、水道管を地中に埋設し、建物の中に水道管を引き込む工事。さらに、地盤を調査する費用や設計費、工事管理費や瑕疵担保保証料、確認申請料と多岐にわたります。

特に、水道工事費などは、注文住宅を新築する土地の形状や高低差などに価格が左右されることが多いです。
ぶっちゃけた相場は、300万円から500万円程度でしょう。先ほどもお話させていただきましたが、建物本体価格が安い建設会社は、本体価格じゃないところ、付帯工事費用で乗せてくる金額が多いので、結局は総額で見極めるしかありません。ご注意を。

・諸費用

こちらは、もっと分かりにくいかも知れません。住宅を購入される際に初めて知るという方がほとんどでしょう。諸費用の中身は、印紙税や土地購入時の仲介手数料、土地建物の登記費用や住宅ローンの保証料などです。

ざっくりですが、土地建物総額4000万円の住宅を購入する際の諸費用は、200万円程度かかってくるでしょう。ポイントは、土地の広さと住宅ローンの借り入れ金額が大きくほど、上がってくるのが諸費用です。注文住宅を新築する際は、頭に入れておいてくださいね。


5D4_1732_R80.jpg

・外構工事費

外構工事費...こちらもいくらかかるの?という質問をよく頂きます。今回は25坪の土地に2階建て25坪の家を建てるので、実際10坪程度の外構費でしょう。基本的には、ガレージ部分にコンクリートを打設したり、ポストを設置したりでしたら、100万円程度で足りるでしょう。

土地が大きかったり、タイルを多用したり、流行りの人工芝などに手を出してしまうと...覚悟はしておいてください。。

前回の、城陽市の土地は建ぺい率が悪いとお伝えしていましたが、宇治市の方が条件はいいですね。建ぺい率60% 容積率200%の土地がザラにありますから。宇治市で25坪の土地、建ぺい率60% 容積率200% でどれくらいの家がたてられるのか?

25坪 × 200% = 50坪 3階建てなら50坪の家を建てる事ができます。

エリアによっては、建ぺい率50% 容積率80%や100%の所もありますが、城陽市と比較すると宇治市の方が家を建てる自由度が高いのが分かっていただけたと思います。
宇治市だけでなく、他のエリアで注文住宅を新築する際は、"建ぺい率・容積率"にも注意して土地探しをしましょう。ご自身で探さず、プロに依頼した方が良い土地と出会える確率が上がると思います。

・オプション工事費

オプション工事費とは、例えば最近では、太陽光発電システムが多いですね。kw(キロワット)28万円程度が設置にかかる費用ですので、4kw(キロワット)設置したとして、112万円程度でしょう。

あとは、内装工事にどれだけ費用を投入されるかですね。フローリングを無垢フローリングに変更したり、壁材も、ビニールクロスから珪藻土に変更したり、しようと思えばいくらでもできるのが、オプション工事の怖いところですね。例えば、例えばですよ...400万円を超えるユニットバスなんてのもありますから。せっかく新築する注文住宅ですから、こだわりたいと思われるのは当然ですが、私はそんなにお金をかけなくても良いと思ってる派ですね。そこよりは、断熱性能や耐久年数が長い屋根材や外壁材に資金を投入していただきたいと思います。価格の安い外壁材と比べると、メンテナンス費用の違いから、長い目で見ると結局コストが安く済むからです。

注文住宅を新築する際のお金の使いどころは、屋根・外壁がおすすめです。

・土地購入費

最後の項目、土地購入費です。宇治市の土地価格の相場は、坪49万円とされているのですが、実際は少し高いと思います。気になるのは地域別の実勢価格ですね。実際、そんなに安くはないエリアももあります。例えば、宇治宇文字です。坪90万円で取引されている土地ありますし、広野町西は坪65万円の土地もあります。三室戸などは、坪50万円を切っていたり、それらの平均を知っても仕方ありません。

1部不便な立地を除き、三室戸であろうが、伊勢田町であろうが、城陽市で土地を購入する際は、"坪60万円前後"だと思っておいて下さい。

・宇治市の土地実勢価格 坪60万円


ですが、駅から離れている・前道が狭いなど環境によっては、土地価格は下がります。逆に、環境が良ければ良いほど土地価格は上がるという事はご理解下さい。

今回は、実際に販売されている土地で、シミュレーションしていきましょう。(現在、実際に販売されている土地です。)

・広野町宮谷 27.2坪 1480万円 建ぺい率60% 容積率100% 更地 (リーズナブルだと思います)

5D4_1766_R80.jpg

まとめ


・広野町宮谷

・建物本体価格 1750万円
・付帯工事費  300万円
・外構工事費  100万円
・今回はオプション工事なし

1750万円+300万円+100万円=2150万円+消費税215万円=2365万円


・諸費用     200万円
・土地購入費  1480万円

250万円+1480万円=1730万円


2365万円+1730万円=4095万円(概算)というのが総額です。


宇治市で注文住宅を新築する際にかかる費用は、1500万円程度の土地を購入した場合、4100万円程度という計算になりました。消費税がなければ...と皆さんお考えでしょうね (笑) 私も思っていますよ。
ちなみに、土地購入には消費税はかかりません。消費できないからでしょうね (笑) 建物も "消費じゃなく消耗だ"で通用しないのでしょうか?そんな時代が来ることを祈ります。

これが、宇治市で注文住宅を新築する際の価格・相場・実勢価格でしょう。

結論

宇治市で"2階建て・延床面積25坪・3LDK"の注文住宅を新築する際にかかる費用は4100万円程度。

いかに土地購入費用を抑えるかがポイントになってきます。
ここでまた、土地購入のテクニックを少しだけ。新築分譲地ではなく、中古住宅を購入してから解体工事をし、注文住宅を新築する。こちらの方が安く済む場合が多数です。ネットで土地を探す際には、中古住宅もチェックしてみてください。前回・前々回のブログを読んで下さった方はお分かりいただけたと思います。注文住宅を新築するのに、価格面で宇治市はちょうど中間。城陽市の方が少しコストが上がってしまうというのが現実でしょう。ポイントは建ぺい率と容積率ですね。


ここまでのお話で、注文住宅を新築することを諦めてしまった方はおられますか?ここからは、少し良いお話です。
例えば、年収600万円の方が4000万円の住宅ローンを組んだとします。住宅ローン控除をご存じでしょうか?年末の借り入れ額の0.7%が13年間、税金から控除される仕組みです。この方ですと、総額290万円戻ってきます。さらに、子育てエコホームの補助金で実質80万円受け取れるなどもございますので、注文住宅を新築することを諦めずに、お近くの工務店や建設会社でお話を聞かれたら良いと思います。

例えば、注文住宅を新築することを諦めたとして、家賃は上がらないという保証はありますか?私はないと思います。簡単なお話で、賃貸アパートのオーナーも、銀行から借り入れをしてアパートを建てています。建築費はもちろん、修繕費も上がっているし、金利が上昇したらどうなるかお分かりですね?やはり、家賃は上がるでしょう。


ここまで読んでいただいた方は、もうご理解いただけましたね?これから、注文住宅を新築することがさらに難しい時代が訪れようとしています。土地の価格、建物本体価格が下がる理由は今のところ無いと言ってもいいでしょう。各社、値上げばかり決まっています。"いつか、注文住宅を新築したいな"と思っておられる方は、冷静さを失わない程度に急がれたほうがいいと思います。その理由については、弊社ホームページ内の「マイホームをお考えの方に絶対知っておいて欲しい事」をお読みいただけたらと思います。


「マイホームをお考えの方に絶対知っておいて欲しい事」

今回のブログで、注文住宅をを新築する際の価格・相場・実勢価格シリーズは終了です。
本日も長文になってしまいましたが
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

PageTop